20111021
 







北京ダックで有名なレストラン"鴨王"のかもぱい。
Duck's pies at Ya Wang.




かもぱい | 08:30 | - | shanghai: FOOD
20110330
 


昼間の気温が12℃を超す暖かい日に、メトロ1号線"衡山路"駅で下車。
道にはプラタナスの並木が続き、旧フランス租界の建物がそのまま残されている
このエリアを 日本から遊びに来ていた義母とぶらぶらとお散歩してきました。
永嘉路を西へ向ってぐんぐん進みます。ランチが1.5元 (約19.5円)のローカルの食堂を
興味津々で遠くから覗き、ローカルスーパーで中国製ワインを物色、
まるで日本にあるようなフランス雑貨のお店”Atelier et Moi"で小物をみて、
輸入インテリアショップ(名前忘れちゃった)で 義母が本物そっくりの多肉植物の造花
19元 (約250円)を5個まとめ買いし、物干代わりになった電信柱や街路樹を眺めながら、
日本語の上手な中国人のおじさんと挨拶して、フランス租界のはしっこ
陕西南路の手前までやってきました。


ここで『宗芳茶館 : Song Fang Maison de The』で休憩。






ここはパリ出身のフランス人女性がオーナーの茶館。
水色の茶缶やお皿は キッチュな中国風イラストが絶妙なセンス。
この発想 なかなかないなー。お茶目。好きです。

数あるお茶の中から悩みながらも、スペシャル鉄観音茶と上海の近く杭州名産の龍井茶、
そしてグリーンティケーキとピーチタルトを注文。
竹茶盤の上に小さな急須と小さな湯のみ。お湯が無くなったら何度でも入れてくれます。
何煎も出しても 全く渋みがでてこない。いつまでもおいしい。
ついつい長居をして おなかがたぽんたぽんになってしまう。
(その後のお手洗いに ご注意あれ)
ケーキも甘み抑えめ  手作り感溢れる素朴な味に 満足満足。




枯れ木に洗濯物を干しましょーう




宗芳茶館 / Song Fang Maison de The | 12:53 | - | shanghai: FOOD
<< 2/2
skin / uterus