20140417
 





Cさんのチャイニーズクッキング教室へ

大学の先輩でもあり本業はグラフィックデザイナーであるCさんのお料理は
見てはよだれ、食べたらお箸が止まらない。
そしてからだに優しい味付けの中華で
レストラン開店してほしいくらいです。





まずは教室で使う野菜を市場で買うところから。
どの野菜たちも生き生きとエネルギーを発してた。

中国の人々は、野菜を調理する前に
湯通ししたり、一時間水にさらしたりするのだそう。
生野菜、サラダを食べる習慣はないのだそうです。


個人的に筍(日本のより細い)とゴーヤを購入。
後日 チキンと筍のクリーム煮、ゴーヤチャンプル、
ゴーヤのおひたしとなり、無事胃におさまりました。



お隣の乾物屋さんにて。お茶用 減肥果。



左 菊茶用菊。(右 日本語忘れてしまったので調べます。)


そして、出来上がったお料理。




思い出しても よだれ。



食事の後はみんなでお喋り。
Cさんの奥様で ダンスをずっとやってらして
上海ではヨガの先生としてお世話になっているMさん(彼女も大学の先輩)は
小学2年生になる息子さんとのコミュニケーションというか
教育というと大袈裟だけど、
家族内ワークショップのお話がとても印象的だった。
 
適当に音楽をかけて その日の気分で
一緒に踊る(からだを動かす)んだそう。
時には 今日書いた絵をイメージして踊ってごらんって。


頭の中の90%が "おっぱい、うんち、ねんね、たっち"で
埋まっている 今のわたしには まだまだそんなことを考える余裕が
なかったけれど 息子にもそんな体験させてあげたいなと思う。
もちろん 無理強いはしないけど。




そういう家族ワークショップをしながら
夢を見ること 想像/創造すること と 光の美しさ
そして すべては自分のこころ次第で
いかようにも変化するんだよってこと

人生のちょっと先輩として
そっと伝えられたらいいなぁと

母はすぴすぴ寝息を立て始めた息子の隣で
背中をぽんぽん 添い寝をしながら
ぼんやりと 考えております。



















Chinese cooking workshop | 22:21 | - | shanghai: LIFE
skin / uterus