20150302
 







中国の新年、春節の旅行で
九州へいってきました。









タクシーに乗って高原を走る


日本の自然は美しい



宿泊したお宿。
上海で暮らす息子のために、
自然がたくさんあるところを選びました。
にわにはにわとりがいるよ。







湯布町塚原高原で手積みした野草花を おせんべいにした
”ぽこあぽこ”の摘み草せんべい

こんな暮らしをしたい





日田市の小鹿田焼きのお皿も買いました。
ぽってりとした民釜の焼き物が好きです。









子供との慌ただしくも愉快な日々も1年半を迎えました。
言葉をちょっとずつ話し始め
かなりコミュニケーションがとれるようになり
やりとりが ますますおもしろくなってきました。


こどもって 興味深いなぁ。
そんな息子の成長日記も
少し遅延しながらも続けています。


http://madokasakamoto-leoleo.tumblr.com



今年は自分のブログも更新していこうと思っています。
寝落ちしなかった夜には...



























新年快楽 | 22:41 | - | Travel
20140615







喫茶店、古道具屋、路地、レトロビル、本屋


日本にいる頃は
京都スーベニイル手帖を片手に
ひとりでよく出かけていた

2010年夏の京都
この年はパリ在住の友人と
カメラ片手にハンカチ片手に街歩きをした

あの夏の暑さを 匂いを 毎年思い出す


























いつかの京都 / Kyoto Japan 2010 | 11:10 | - | Travel
20140611





この前現像した Filmのなかの一本 
いつかの 那須 茶臼岳


























いつかの那須 茶臼岳 / Nasu Tochigi Japan | 21:56 | - | Travel
20130422
 







先月末 妹の結婚式で日本へ帰った際に、
小学生からの親友 さとこが嫁いだ名古屋へ 遊びにいってきました。




ちょうど春休みということもあって、
新幹線は東京駅から既に満席状態。

4回目の名古屋。
これまで写真の展示や撮影、仕事などで訪れたことはあるけれど、
プライベートでは初めてです。
さとこも名古屋在住4ヶ月目の新入りさんなので、
二人で観光を楽しみました。




まず訪れたのは 喫茶「こんぱる」大須本店。
レトロ喫茶好きとしては、やはり押さえておかなければでしょう。
名物 海老フライサンド、レモネードとさとこはクリームソーダ。



サンドイッチおいし!
深い茶色の店内、お客さんの年齢層の高さ、カップのカチャっという音が心地よい。
日本の喫茶店は最高です。



商店街ぶらぶらして、



大須観音拝んで、



夜はさとこのおうちにお邪魔して、おいしい手料理をご馳走になり
ひたすらおしゃべりして楽しい時間を過ごしました。

新幹線での移動に疲れたのか、ベッド入って数秒でダウンしたらしい私。



⌘ ⌘ ⌘


翌朝は お散歩がてら隣駅の喫茶「ふらいぱん」まで
モーニングを食べに。
名古屋モーニング初体験です。




トップの写真がその日出てきたモーニングなのですが、
トーストに、サラダに、和風だし巻き卵!
そして....焼うどん!!!

だし巻き卵は ふわっふわでいいお味で、
トーストと紅茶に合ったのですが、
焼うどんて 珍しい組み合わせで...こうくるかー。
名古屋のモーニングってみんなこんなかんじ!?


お昼はさとこの旦那さまも合流して
一緒にひつまぶしを食べました。
食べてばっかり♡



帰りの新幹線から見えた富士山がキレイだったな。
















NAGOYA TRIP | 15:44 | - | Travel
20121019
 






6月のパリ 最終回。

この滞在では、創作エネルギーチャージも大切な目的のひとつでした。





まずはアニエスbのギャラリー Galerie du jour

ここの本屋さんに置いてある 無料の美術館&ギャラリー情報誌を手に入れ、
街をうろうろするのが日課だったのですが、今回は置いてなかった。

どこのギャラリーにも置いてなかったな。
タイミングが悪かったのかしらん。


気を取り直して展示へ

『Julien Langendorff』
コラージュ、ペインティング。
見てて とてもいい気分になる不思議。






そして、Centre Pompidouへ


やった!  リヒターやってました。



リヒターみてたら 突然の雷雨







雷雲の去った後の空は 最高だった。




パーマネントコレクションも見ちゃうぞー。



じゃん


バルテュス。


つづきましては
大きなきのこ。



この写真のみなさんの表情 最高ではないですか。





⌘ ⌘ ⌘




日付が変わり、
今日このときにパリに来られて本当に幸せ。

『 Joel-Peter Witkin 』at Biblioteque National



彼の撮影風景を記録した映像が、なにより興味深かった。



そして



「高梨 豊」at Fondation H.C. Bresson






そしてそして



『Helmut Newton』at Petit Palais



⌘ ⌘ ⌘



今回パリでお世話になったR子さんは 第八大学で写真の勉強をしています。
彼女の卒業論文のテーマ「オートポートレ」についての話を聞かせてもらって
上海に来て忘れそうになってた芸術写真の面白さを 思い出させてもらいました。

ひさびさの写真談議、楽しかった。




上海で暮らしていると、なかなかイイモノやホンモノを見られなくて
心や物を創る魂がカサカサのカスカスになっていく。
もうミイラになりそうだった時にパリへ旅行できて 危機一髪
エネルギーチャージができました。


ほんと写真って おもしろいですね。



















PARIS 回想録 / Museum&Garelly編 | 13:06 | - | Travel
20121008




 





「今 とにかく 写真を撮り続けようと思っている」

高梨 豊



( 高梨 豊 展 at Fondation H.C.Bresson )












PARIS 回想録 / Yutaka Takanashi 編 | 11:49 | - | Travel
20121005
 







6月に行ったパリ
回想録のつづき




土曜日は メトロとトラムを乗り継ぎ ヴァンヴの蚤の市へ。










ちょっと寝坊してしまったので 店じまいを始めるお店もでてきたけれど
1€のハンカチや敷物をいくつか、アンティークのブローチ、ボタンを購入。



そして、引き続きショッピング。



⌘ ⌘ ⌘




Merciへ




お皿を買いにアスティエへ。
地下で写真展やってた。




ULTRAMOD
店主はフランス人だったけど、店員さんがみんな日本人で びっくりした。




サントノレ通りの超高級ジュエリー。
亀の指輪。




近くのCafe Vertetで パリ在住Sちゃんと
たまたま遊びに来ていた 東京在住 Iちゃんとお喋りした。







⌘ ⌘ ⌘


夕飯はR子さんと、おうちごはん。




彼女のバイト先の日本料理店の 鮭のかしら、はらす
フランスのおいしいおいしい野菜たち。

アーティチョークは癖になるねって 二人でネズミみたいに
カリカリ食べました。



つづく












PARIS 回想録 / おかいもの編 | 19:00 | - | Travel
20120810
 







パリ滞在中に Fete de la musique (音楽の祭日) がありました。

1982年に始まった音楽の祭典。
”音楽は全ての人のもの”という趣旨のもと
ジャンル、プロ、アマを問わないミュージシャン達の演奏がパリの街中で鳴り響きます。




Les Hall ではながーい笛を演奏するかわいい男の子たち。



インディアン?
 





セーヌ河沿いを歩く。
かの有名な Pont neuf (ポンヌフ)





あれに見えるは Pont des art (ポン デ ザール)



ポン デ ザールの上も大賑わい。





ちょうど、大好きなジプシーブラスの曲を演奏中。



老いも若きも唄います。



フェンスにたくさんの鍵。
なんだろ。願掛けみたいなものかしら。





ポン デ ザールからの眺めるセーヌ河の夕暮れも 今回の旅の目的のひとつ。

パリ時代も この景色を見ながら どれだけ自分を奮い立たせたり 慰めたりしたかしら。 
この景色があったから 楽しく暮らせたのだと思います。




⌘ ⌘ ⌘



午後9時半を過ぎて、
パリ左岸へ移動。

道を人が埋め尽くす。ここでも大合唱。



ふと路地を見ても...


 
rue mazalinも大盛況でした。




Bd St-Germanでは 若さ溢れるロック。
観客の女子もカワイコちゃん多め。









⌘ ⌘ ⌘






うっかり夜ごはんを食べ損ねてしまい、23時。
もうくたくたでお店に入る気力もないし、お惣菜屋さんもパン屋さんも閉まってるし、
仕方なくマクドナルドでテイクアウトしてR子さんちで食べました。
牛丼といいマックといい、フランスらしいものあんまり食べてない...


R子さんはお仕事でまだ帰ってきておらず。
彼女の帰宅を待てず、ひとりすぐに寝てしまいました。




つづく











PARIS 回想録 / 街歩き〜Fête de la Musique〜編 | 11:11 | - | Travel
20120809
 







6月の中旬、パリへ遊びに行ってきました。


昔 一年間だけ住んだこともある思い出の地です。
訪れたのは2009年の年越し以来だから、実に3年ぶり。
CDG空港からタクシーに乗って 環状線に入り市内へ。
ああ、パリの街って、パリの光ってこんなに美しかったっけ。
現在住んでいるのがもわっとした光の上海だからなのか、
余計にキラキラと眩しく見えました。


大好きなお友達 R子さんのおうちにお邪魔させてもらって
のんびりぷらぷら パリを満喫するのが今回の旅の目的。

まずは、その当時よく歩いた通り、住んでいたアパートなど、
思い出巡りからスタートです。





懐かしの Mabillon 6区


この地域には 大切な思い出がたくさん詰まっています。




雑貨屋さん
生活雑貨や何個も籠バックを買いました。




よく通ったブランジェリー
まわりは香ばしく、中はふわっのバゲットがとても美味しかった。



ギャラリーの多く集まる rue de seine








サン シュルピス教会の壁面






そして マレへ。
本屋さん、ギャラリーを回り、ショッピングを楽しみました。





そうだった。パリの街はステキな落書きだらけだったけな。









初めての外国暮らしで、言葉もロクに話せず、落ち込んだりもよくしたっけな。
フォトグラファーとしてお仕事ができるようになる前の 夢と希望と不安を抱えて
生活していた街。うだうだ悩みながらも たくさんのことを吸収した時期です。

2005年からあまり変わっていないパリの街は 容易にその頃の気持ちを思い出させてくれました。
相変わらずゴミの多い道路、やっぱり臭うメトロ。魅力的なショーウィンドウ、
 相手の車にぶつかってもお構いなしの縦列駐車。人々の笑顔。
Bonjour, Merci, Au revoir.


ただひとつ変わっていたのは、わたし自身の食の好み。
完全に和食、アジアンフード派になっていました。
思わずオペラで 1500円の牛丼(吉野家のほうがおいしい)と餃子を食べてしまったほどです。



のんびりいこうと思ったのに、ついついヘトヘトになるまで歩き回ってしまう。
サマータイムで21時過ぎまで空が明るいせいもあったけど
毎夜 倒れ込むように眠りにつきました。



つづく












PARIS 回想録 / 街歩き〜思い出巡り〜編 | 12:46 | - | Travel
20120524
 







monocleの撮影で 3泊4日の那覇滞在。
 みんなに優しくしてもらって とてもいい写真が撮れました。


うちなんちゅーのおじいはラテンね。










OKINAWA TRIP | 22:48 | - | Travel
1/3 >>
skin / uterus