20200122



 
昨年の冬に引き続き、今年もNew Japan Photo issue.10に
新シリーズを掲載していただくとともに
ドバイでのローンチエキシビジョンに参加させていただきます。


https://www.chikaspace.com/now-njp10



EINSTEIN  STUDIO will hold an exhibition at CHI-KA,Dubai.
Presented the works from NEW JAPAN PHOTO,
Catalogue of up-and-coming Japanese photographers, to celebrate its launch of ISSUE.10.
Date:24 Jun-22 Feb.2020


たくさんの方に見ていただけますように。






 
NEW JAPAN PHOTO 10 LAUNCH EXHIBITION | 15:09 | - | News
20200114









2019年11月8日から
パリ・ルーブル美術館で行われた fotofever Paris#8に
参加させていただきました。

Einstein Studioのブースで作品を展示していただきました。
残念ながら私は現地へ行くことができなかったのですが、
パリに住む友人が写真を送ってくれました。

Eisnstein Studioのスタッフの皆様
よい機会を本当にありがとうございました。



My work "Layerd" was exhibited at fotofever Paris#8
in Musee du Louvre. 










 
fotofever Paris#8 2019 | 11:12 | - | News
20190917


 

 

 





今年の冬、New Japan Photo issue.7の出版に併せて
ドバイでのローンチエキシビジョンに参加させていただきました。



こちらでは作品をお買い上げいただいた という嬉しいご報告もあり
作品制作を続ける励みになりました。

 



EINSTEIN  STUDIO held an exhibition at CHI-KA,Dubai.
Presented the works from NEW JAPAN PHOTO,
Catalogue of up-and-coming Japanese photographers, to celebrate its launch of ISSUE.7.
Date:23 Jun-23Feb.2019












 
New Japan Photo 7 LAUNCH EXHIBITION at CHI-KA in DUBAI | 10:37 | - | News
20190913

 

 

 

 



My new private work appeared in New Japan Photo issue.7
this feburuary.
Thank you einstein studio.


 
上海で撮影した写真をまとめた新しい作品が
今年の2月に発行された
New Japan Photo issue.7に掲載されました。

 
蔦屋なども書店にも置いてあるそうなので
お見かけの際はお手にとっていただけると嬉しいです。


 
New Japan Photo issue.7 | 14:29 | - | News
20190913





七ヶ月ぶりに一眼レフを引っ張りだしてみました。
息子は 大きくて黒い物体を怪訝な顔で眺めながら
カシャンカシャンというシャッター音に耳を澄ませていた。
 
⌘ ⌘ ⌘
 
遠く、現実とかけ離れた理想や未来を思うばかりではなくて
今この街に住んでいるからこそ できることを考えている。

⌘ ⌘ ⌘
 
何歳まで生きるのかわからないけれど、
人生の折り返し地点に近づいていることに気がつく。



⌘ ⌘ ⌘⌘ ⌘ ⌘⌘ ⌘ ⌘
 
5年前2014年3月2日に書いたまま
下書きフォルダに入りっぱなしだった記事を発見。
もう6歳になった長男の懐かしい写真。

 
この頃は 4年後 日本に帰って日本の幼稚園に通っている未来を
想像すらしていませんでした。

 
約8年間滞在した上海を離れ 日本に戻ってきて1年半経ちました。
ゆっくりゆっくり写真の活動も進めています。


日本のみなさま
改めて どうぞよろしくお願いいたします。





 
とんでれみら | 13:53 | - | shanghai: LIFE
20160525

/>

先月 上海の病院にて 次男坊を出産しました

"あなたは幸せものね”

ふたりの息子たちを見た 食事係のアーイさんがいった一言にハッとしました

眠いとか 痛いとかで 傍に追いやられてたけど。 そうそう そうだ、そうだった。わたしは いま間違いなく しあわせの中にいる また日々のドタバタで すぐに忘れてしまわないよう ここに記しておきます

長男と 初めて離れて眠る夜

”みてーぼくのおとうと かわいいでしょー” とつぜんの環境の変化をどんな風に受け止めるかな と少し心配していた。 大丈夫そうかなと思ったけど、でもやっぱり心境は複雑なようでした

この日の夜中 目が覚めて お手伝いに来てくれているおばあちゃんの部屋に駆け込んだ長男は こっそりばあばにこういったらしい ”おとうといやなの” ずっと独り占めしてきた母がとられちゃったみたいで ただでさえ ママっ子の長男には 弟がかわいい反面 やはりショックは相当大きかったとおもう

あえて 私とも距離を置くようになった。病院に来るのも嫌がった。

ママに甘えるのを頑張って我慢しているからだとわかりつつ 私もとってもさみしかった。でもさみしいのは私だけではない。長男も同じ気持ちを抱えていると思うと 産後疲れてやさしくできなかったことを後悔し 暗くなった病室で一人泣いた

うまく言い表せないのだけど どんなに頑張っても もう二度と元には戻らない, 喪失感に近い感情を こどもとの関係の中で味わうことがあると想像していなかったので びっくりな新発見だったし, これは 子の成長と巣立ちに付随する感情なのかもしれない とそう遠くない未来を思った

この後退院日には ぎゅーっと抱きしめさせてくれるようになり 今はすっかりママっ子に元通り

たまに大変な時もあるけれど 長男がママ、ママ言ってくれる日もそう長くはない

あーあの時 なんでもっと抱っこしてあげなかったんだろう もし少しでも抱っこしてあげたら 彼は笑顔になったのに,なんて 思わなくても済むように いまを大切にしたいと思う日々です

welcome to the world | 13:26 | - | LIFE
20160229





HPが復活しました。

過去の日記を読み返してみたら
悶々としていたけれど やっと答えが出た...みたいな
内容ばかりですね。

答え出た割に 行動に結びつかなかったな..2015年。
反省反省。











 
My HP is working | 13:16 | - | News
20160225
 






気がつけば 9か月も更新していませんでした。
時の流れが速さには 驚くばかりです。

そして更新を忘れている間にホームページがアクセスできなくなっていました。
ただいま問題を解決中です。



∇ ∇ ∇ ∇


まずは 新年快乐!!
新暦の新年から旧暦の新年まで あちらこちら移動していましたが、
先週中国はランタンフェスティバルを終え
ようやく日常が戻ってきました。



昨年は、お仕事的にも なんだか気持ち的にも
写真との距離がとーっても開いてしまった一年でした。
自信を持って写真やってます と言えない状態。
今思うと 体調を崩していたのも重なって、
昨年の秋くらいから 無自覚に悶々としていたような気がします。
実際動ける状態になかったからしょうがないんだけれども


そして春節を迎えると共に 徐々に目の前がクリアになり...
やっとダイアリーを更新しようという気になりました。



落ち込むこともあるけれど 私は元気です
(実際の大半は楽しく遊びまわっていただけです..)
2016年 とりいそぎご報告まで。












ホームページアクセス中断中のお知らせ | 10:49 | - | News
20150515
 







『 The Monocle Guide to Good Business 』

少し前のことになりますが、
Monocle本誌で以前撮影させていただいた
さいたまの家具屋 Mokkokuさんの写真が
Good Business Guideに掲載されています。

読み応えのあるとても立派な一冊です。
Mokkokuさんの家具もとても素敵なので覗いてみてください。

いつか わたしもオーダーさせていただきたいと思いつつ
上海にきてしまったので
日本に帰ったら オーダーしたいなぁと夢を膨らませています。










『 The Monocle Guide to Good Business 』 | 15:02 | - | WORKS
20150322










3月もまもなく終わり。
ちょうど今いる場所から新しい場所へ向け
一歩を踏み出せそうなところで、

これはいつかどこかで味わったことがあるきもちだぞと思ったら
高校卒業の春休みに似たあの これまでの生活とおさらばだと はればれした
そして 大学で写真を勉強するんだという期待に溢れたあのわくわく感でした。


その当時と違うのは、
どこで何をどうやって と
自分に何度も何度も 問いただし
答えを見つけ やっと行動にでられるという点です。


この冬の間
あーでもないこーでもないと悶々としてきたけれど
やっと今の気持ちにマッチする答えが見つかりました。



作品を創造する前段階の時期に
わたしは睡眠を必要とします。
昼夜関係なく これでもかというくらい寝ます。
いまは子育て中なのでどうしても子供のペースですが
夜は子供と一緒に夜19時すぎに寝ていました。


そして答えがみつかると、
あまり眠らなくなります。

どうやら冬眠から目覚めたようです。




ああ 待ちどうしかった春です。
芽吹きの春は もうそこまで来ています。







 




春天来了 | 23:22 | - | -
1/19 >>
skin / uterus